月別アーカイブ: 2018年3月

NovelJam2018回顧録⑩『アワード』

去年に引き続いて参加となったNovelJam2018についての回顧録最終話となります。

2018年3月26日。
NovelJam当日審査とはまた違った評価軸でのアワードが開催されました。
スタートが19:00だったので退勤定時19:00の会社を30分早退して会場に向かいます。

電車に乗った瞬間、チームG用に作ったLINEのグルチャのプッシュ通知着信。
「たぶん遅れます」× 3
そして私も若干迷子になってしまい、遅れての出席となりました。
会場に着くと、すでにひとがいっぱい(当たり前)
最後列の椅子に座ります。
しばらくすると「ぼくにく」著者の金巻さんが和装で現れました。
新聞紙で包装した表紙の油絵原画をお渡しします。
びりびり。(えっ、いま開けるの?)

さて、総括・振り返りが終わり、授賞式となりました。
結果はいろんな場所で見ることができるので割愛いたします。
どれも納得がいく評価およびフィードバックで、心があたたまりました。
今回の審査もガチで、とても勉強になりました。

結果として、我がチームGはどの賞にも至りませんでした。
特段賞を獲りに参加したわけでもない(もちろん獲れるほうがいいです!)のですが、総括してみると理解できます。

①自由すぎた
もちろんチーム内でのコミュニケーションは多々ありましたが、
会期中に編集者ふじいそうさん以外放牧状態で、会場を不在にするというところ。
機能的にそうせざるを得なかった部分もあるのですが、やはり、濃密・緻密なコミュニケーションこそ
チームの天元突破を成せる要素なのではないか、と思いました

②姿勢
アワードにチーム全員が遅刻するという体たらく。
参加前にすでに結果が決まっているからといっても、緩みすぎでした。
コトへ真摯に向き合うのならその姿勢がダメですね。
仮にそんな姿勢でも受賞していたらもっとダメです

③血と汗とベクトルの定め方
今回のアワードについては、当日審査とは別軸、と前述しましたが、
まさに当日から流した血と汗の質量がアワードでの受賞を決めたと感じます。
ふくださんのリサイクルキッズ、景虎のバカバカ、寧花さんのグッバイスプリング。
アワードに至るまでのハンパない努力には頭が上がりません。
描いて終わり、じゃないという当イベントの主旨を体現した故の受賞かと思います。

今回も、やはりよい経験と刺激を得ることができて非常に満足しています。
と、同時に前回よりもすべてが格段に洗練されており、全くもってして面白かったです。
自分に足りていない部分をとても理解できました

んで、次回はなんと年内の開催予定。
クレイジーだな、と思いましたが『鉄は熱いうちに打て』とも感じます。
フルスロットルでPDCAぶん回して、その存在を早い段階で濃ゆく『実体化』するのが正解かと

<了>

※ 去年の回顧録はKindleなどで無料配信中ですので、ご参考までにご覧ください。

⇒ 『NovelJam2017 回顧録』

NovelJam2018回顧録⑨『得られたもの』

去年に引き続いて参加となったNovelJam2018についての回顧録その9となります。

そもそもなぜこのイベントに参加したのか。
みなさま各自理由があると思うのですが、おそらくほぼ全員「チャレンジによって成長したい」and「今の自分を試したい」だと思います。
わたしもそうです。
限りあるリソースのなか、どうせ同じ時間を過ごすなら有効に使いたい。
NovelJamは絶好の機会かと思いました。

いつ、どんなことに遭っても最適解で対応できる能力が欲しいです。
自分の力で自身にかかわるひとたちを幸せに(楽しく・気持ちよく)できればなあと思っています。
できているかというと、まだ全然足りていません。
もっといろんなことに触れ、顕していかねばと強く感じています。
巧拙も大事ですが、なにごとにも挑むことが必要かと思っています。
NovelJamは出会いの場でもあります。
宇宙飛行士なみにキュレーションされまくった魑魅魍魎(良い意味で)と強制的にエンカウントできます。
もうここにいる時点で、そのひとたちが大好きです。宇宙飛行士も大好きです。
このわけわからんイベントを企画・成立させているという、わけわからん衝動を持っている運営さん・関係各位も大好きです。

そして触れてみると(会話がなくとも作品を読み解くと)、やはり自分の感覚は正しいのだなあ、と満足しました。

今回の著者さん16名をアナライズすると
「自分が一番うまい」
「自分にとって自分が一番うまい、と思いたい、けれど、ちがうかもしれない」
という、エゴと葛藤が見て取れました(前者・後者の同居が半数以上)。
が、いずれにせよ、自分の衝動を表現したいという気持ちは人類最強にあるなー、と実感しました。
これだけでも超面白かったです。
評価軸はTPOで大きく分かれるし(他人の評価だし)、この場・この時・このシチュエーションでの評価だけでは測れないものです。
が、やっぱり評価があるイベントなので前述の『いつ、どんなことに遭っても最適解で対応できる能力』を磨くのが正しいのかもしれません(自分に言ってます)

んで、今回も参加してよかったです。
著者でいきたかったところですが、振り返るとデザイナでよかったと思っています。
あらたなチャレンジもできたし、いろんなひとの反応(レスポンス)が得られて、自身にも向き合えました。

前述しておりますが、『ぼくにく』の表紙絵について、著者の金巻さんに「すごくいい」と評されました。

リップサービスと思っていましたが、会期中になんどもリフレインいただいたので、これはホントなんだなあと感じました。
参加した意義がありました。
尊敬する著名人にも反応いただき、やっぱ挑戦って大事だなと再確認できて感無量です。

杉浦さんに『ツイハイ』の表紙をお褒めいただきました
正直言って、はじめは褒め殺しかな? とか思っていましたが(すみません)、前後のポストや文脈を鑑みるに、本気で言ってくれているんだなあ、と感じ、とてもうれしかったです。
ありがとうございます。
杉浦さんは文章もロジカルかつ、どこか熱を載せて顕しているので小説描いてほしいなと思いました。
別にゴマをするわけではないのですが、杉浦さんの描いた『ひつじときいろい消しゴム』の表紙、すごくよかったです。
プレゼンで書影をみたときに、ためいきが出ました。

今回、手練れのデザイナさんが集結していたので、デザインの勉強になるだろうと思っていましたが、やはりそうでした。
事前に想定していた以上に高品質な表紙14作品分(自分の2点除く)に触れ、とても刺激になりました。
どれもすばらしい出来で、刺激を受けました。すべてに、研ぎ澄まされた熱量も感じました。

そんな中、本イベントの意向に最もレスポンスできているな、と感じたのが波野さんの『バカとバカンス』の表紙絵です。
挑戦(挑発)的かつ、内容をダイレクトに想起させる配置。やりやがったな、と思いました。
生半可なセンス・胆力では、この発想と実行はできません。
内容も優秀賞にふさわしい面白さでした。

さて、著者としてのアウトプットですが、超ギリギリで裏NovelJamに投稿しました
年末ぐらいから体調を崩していて、NovelJam2018”など”でとどめを刺されつつ描きました(現在は復調)
ご高覧いただけますと幸いです。
(病臥で執筆って文豪っぽいな、と思いましたが、やっぱ健康が一番です)

※ 去年の回顧録はKindleなどで無料配信中ですので、ご参考までにご覧ください。

⇒ 『NovelJam2017 回顧録』

つづくかも