神 その5(ノン・フィクションかつ装飾なし)

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

といった感じで様々な良書に巡りあい、
それをきっかけに更なる新進気鋭の絶品な作品群に触れます。

山田さんの作風は自分には決して書けないもので、感心すると共に
ジェラシーを感じさせるものでした。初見は『ノウチラスの黒猫』です。

犬子さんの作品は私の感性にぴったりで、全作品を読んでいます。
特に『demi』はスッと入ってくる内容でした。

数多さんの『黎明の笛』にも衝撃を受けました。
なんで、これ紙になって無いんだっけ、と。

じぇんじぇん氏の作品は秀逸です。
完璧に自分の中の何かとシンクロし、寝食忘れて読みました。
ついでに紙で出版されていた『映画にゴメンね』も中古で買い求めてしまった程です。

幻夜さんの作品は『自分に最も近い筆致だ』と感じました。

なんと面白い世界なのでしょうか。
世の中には隠されたトレジャーがまだまだあるという事実。

つづく