Time judged all その2

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

先日オーズの挿入歌「Time judged all」にちょっと触れたけど、複数の問い合わせがあったので
著作権的に問題の無い範囲でコード進行あたりの説明をしようかと。

イントロはE♭マイナー→Eメジャーの繰り返し→Eマイナーのリフ
AメロはEマイナー一発のリフ
Bメロの難易度がとんでもなく高い・・・
Dメジャー→Eメジャー→Bマイナー→C♯マイナーなんだけど、全部スウィープ。しかも超高速。
で、最後のDメジャーに戻るときにアップ・ピッキングにしないとつじつまが合わないという意地悪さ。
サビはDメジャー→C♯マイナーの繰り返しのあとで、
Bマイナー→C♯マイナーDメジャー→C♯マイナーのアルペジオ。このアルペジオも7th入っててニクい。

細かいとこは自分で採譜してね。そんな感じ。

あ、おまけ。ソロ前のクリーン・パートは・・・
Dメジャー→Aメジャー→C♯7→F♯マイナー
Dメジャー→Eメジャー→C♯マイナー