ギターの想い出 新章:ツアー編 その1

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

しばらく放置していたギターの想い出シリーズ。
上京後のことを書くと細かい話が多すぎるので、飛ばしてツアー編。

上京後、ギターについて師事したり、バンド組んだりいろいろしてた。

最後のバンド名は伏せるけど、かなりメンバーの入れ替わりが激しかった。
ハード・ロックを基調としたギター・バンドで、一番多い時で6人編成。
最終的には3人だった。しかも打ち込み。
ボーカル+ギター2人。ドラム、ベース、その他は打ち込みという編成。
ライブ時はヘルプでベース、ドラムを頼んだりした。

都内を中心に活動していたけれど、東京で練られた自分たちの音楽って、他では通用するのかな。
と、いうのが最初の動機。CDも売りたかったし。

んで、2001年の9月初めだったと思うけど、手分けをしていろいろと手配をしてツアーすることになった。
もちろん持ち出し。

九州2か所、京都1か所、大阪2か所、名古屋1か所、静岡1か所、最後に東京を2週間で回る予定を組んだ。

移動は知人から借りたワゴン。

経路としては、東九フェリーに車ごと乗って、九州に上陸。
で、その後はワゴンで北上しながらライブをしていくという予定だった。

さて出発の当日、巨大な台風が発生。(まあ9月だし、想定しておけよって話だけど)
早朝、東九フェリーより「欠航」の電話が入った。

さて、どうしたものか。予定は動かせない。

続く。