女流作家

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

作家って書いたけれど、女性の漫画家についてちょっと触れる。

最近、自分の心の琴線に触れる漫画って、女性の作者っていうケースがすげえ多い。
それらをちょっと紹介。

■林田球
言わずと知れた「ドロヘドロ」の作者。全体的にノリがキッチュでたまらない。
単行本を購入すると、もれなく巻末に書きおろしがついてて情熱を感じる。魔剣Xもオススメ。

■三宅乱丈
いまだと「イムリ」が絶好調。もともと「ぶっせん」で知った漫画家。
名作(三部作というウワサ)「ペット」の続きを是非読みたい。
ちなみに「ペット」はリアルタイムでコミック購入しつつ、完全版も買いなおした。
(南極なんとかとか、まちこがなんとかはさておき)

■森下裕美
やっぱ「少年アシベ」が代表なんだろうけど、「大阪ハムレット」「トモちゃんはすごいブス」とかすんごいよい。
これらを読まずに人生過ごしている人は、大損失を犯しているといっても過言ではない。
特に大阪ハムレットの初めのエピソードの「おっちゃん、ごっつシンプルでええで。」は泣けないはずがない。
個人的には昔スーパージャンプで連載してた「スーパーまるでん」もかなりツボ。

■吉田秋生
この人といえば「バナナ・フィッシュ」「吉祥天女」だと思う。
それは過去の栄光として、今連載中の「海街diary」がすんごい面白い。最新刊買ったけど、期待を裏切らない出来。
キホン、ヒューマニズムとか家族愛がモチーフなんだけど、安っぽい展開にせず、設定も隅々まで活かしていて素晴らしい。
穿って見ると、最新刊は文学の匂いが強かった。三島由紀夫とか遠藤周作的な。

■松田洋子
記憶によれば、モーニング連載の「薫の秘話」で知った。ちばてつや賞受賞だったかな。
彼女の作品は全部そろえている(相葉なんとかの犬って、どうなったの?)
現在最新刊刊行まちの「ママゴト」は、どうやらテレビでも紹介されたらしい。
作者本人は、世間に対して斜に構えている感じがビシビシ伝わるけれど、絵柄も心理描写も一流だと思う。
ルサンチマンの発露が上手くいったんだろうと思う。幸せになってほしい。

■入江喜和
さあ、やってまいりました。私が最も好きな女性漫画家。ちなみに新井英樹氏の奥様ね。
新井秀樹氏の作品も、もれなく購入済。(「8月の光」だけは絶版だったので、ヤフオクにて4,000円で競り落とたけど)
過去作「肴姫」「のんちゃんのり弁」「昭和の男」など、すべて初版で揃えさせて頂いております。
(数年前、仕事で講談社の人とおかめ日和の話題で盛り上がったけど、肴姫のネタを熱く語ったらドン引きされた。いーじゃんw)

現在連載中の「おかめ日和」。自分はここまで設定が細かく、時系列に矛盾なくストーリーを紡ぎ、登場人物のすべてを活かしきっている作品に巡りあったことはない。連載が女性誌なので、リアルタイムでは読んでないけど、コミックは必ず発売日に購入して、当日に3回は読み直している。もちろん1巻からリピート。

ホントはまだ何人かいるんだけど、長くなるのでここまで。
やー、どの作家の方も素晴らしい日本の宝だと思う。