オジーのギタリスト

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

暗黒の帝王オジー・オズボーン

華を添えるのは、歴代のギタリストたち。

ランディ・ローズにはじまり、ちょいとブラッド・ギルスを経由しつつ、
ジェイク・E・リーとかザック・ワイルドとか、個性的なプレイヤーが目白押し。

オジーをはじめて聴いたのは「ミラクルマン」だった。
ザックのあのピッキング・ハーモニクスがすんごいインパクトだった。

で、これをきっかけにオジーの曲にはまるんだけど、歴代の中で
一番自分好みだったのが、ジェイク。

Bark at the moonはもちろん、Ultimate sinとか、Shot in the darkとか
プレイの幅はもとより、テンションを多用したフレージングで異世界に連れて行かれるような
感覚がすげーきもちよかった。

ドリーム・シアターのジョン・ペトルーシってヴァイの影響が一番強いみたいだけど、
実は公言しなくとも、ジェイクの影響も受けてると思う。