NovelJam2018回顧録①

去年に引き続いて参加となったNovelJam2018についての回顧録となります。

さてNovelJamとは、なんぞやについては上記のリンクからご覧くださいませ。

2017年11月17日、正式に開催が公示されたので参加を検討しました。
結局半月ほど考えてエントリするのですが、前回参加の想いをどのように運営に伝えるのがよいか、で悩みました。

【実際のエントリコメントはこちら(原文ママ)】
————————
NovelJam2017では大変お世話になりました。澤です。
今回何らかの形でエントリするのは決めていたのですが、 意気込みをどのように顕せばよいのか悩んでおりました。
前回初回だったのでカジュアルかつギリに飛び込みました。
偶発的な要素があったかのように見えるかもしれませんが、振り返ると必然でした。
正直飛び込むことがすべてで、賞なんぞ取る・取れる気は一切ありませんでした。
昨日の自分を超えるために飛び込みました。
編集(群雛のベスト・エフォートは別)を受けたことがない野良作家の身としては、 波野さんのプロデュースに従うのが正しいと判断し、ご提案をすべて受け入れました。
その恩恵を経て、受賞に至ったのは明白なのですが、 それゆえに別のカルマを背負うハメになりました。
『過去の自分を乗り越える』というテーマ(?)で臨んだはずなのに、 いつの間にか
『他者の編んだメソッドに乗っかり、過去の自分の資産を再利用して、優等生的にある一定の価値観を取りに行っていた』
という状況に陥っていた事実に、最近気づきました。
”アートではなくビジネスに極めて近い”
すべては、前述の『飛び込むことがすべて』すなわち昨日までの自分を乗り越えたい、 という想いを波野さんへ熱をもって提案できずに、受け身になってしまった自身のせいです。
そしてその提案をキチンとプレゼンできていたら、波野さんも受け入れてくれていたと思います(その結果、選に漏れても、頂を拝んでも悔いが発生しなかったかと)
その反省を経て、いままでにない自分と巡り合うために、もっかいエントリしたいと存じます。
前回もそうでしたが、私は誰とも戦う気はありません。ジャムしたいだけです。
自分自身と戦い、それまでの自分自身をねじ伏せたいだけです。
(振り返ってみると、自身に負けていたということです)
※ 作家としての参加が難しければ、野良編集者として、群れ成す羊を導くという心の準備だけはあります
(編集を軽んじている訳ではなく、その立場に身を投げる覚悟があるだけです)。
でも、まずは、作家(クリエイター)としての極みを得ることを自身に課したいです。
よろしくお願い申し上げます。 澤
————————
反省文だった!

が、しかし、これで今年も著者として自分と戦えるだろうと目論見ました。

その後、年の瀬も押し迫った12/26に一通のメールが。
……これによって、少し事情が変わりました。

※ 去年の回顧録はKindleなどで無料配信中ですので、ご参考までにご覧ください。

⇒ 『NovelJam2017 回顧録』

続く